女性のライフサイクル全般をサポートする助産師の役割

助産師の役割は想像以上に沢山あります!

女性のライフサイクル全般をサポートする助産師の役割

自然分娩を希望する女性に人気がある助産師は、個人的に助産院を 開業できます。けれども困難な出産や問題がある場合は、助産師だけで 出産できないので医師がいる病院を紹介する役割も持っています。

個人開業以外には、「大学病院」「総合病院の産婦人科や診療所」 「助産院」「地域の保健センター」での勤務があります。

ここでは、女性のライフサイクル全般をサポートする助産師の役割に ついてご紹介いたします。

妊娠をして出産を迎える女性は喜びもありますが不安も抱えているので 家族の支えは不可欠です。さらに「気軽に相談できる人」「専門的な 質問に答えてくれる人」がいれば、安心して新しい命を迎える準備が できるでしょう。

出産時には、「腰をさする」「励ます」など一番近いところでサポート します。

助産師の一番重要な役割は「妊娠中・分娩時の異常を早期に発見して 母子の生命を守ること」です。無事に出産した後は赤ちゃんのお世話 のやり方を教えて、帰宅してからも上手に育児に入れるようにします。

「妊娠の若年化」「性感染症の増加」「妊娠中絶の問題」があるので 適切な時期に性教育をすることが注目されています。 助産師は生命の誕生に立ち会うことを通じて「生命の尊さを実感できる」 貴重な職業のひとつでしょう。

助産師は「子どもたちが傷つくような経験をしてほしくない」 「小さな命を守りたい」と心から思っています。知識と経験をベースに した専門的知識をかみ砕いて、わかりやすく次の世代に伝承することも 助産師の重要な役割になります。

以上、女性のライフサイクル全般をサポートする助産師の役割について ご紹介いたしました。

家族に相談できないことがあっても他人になら話せることもあるでしょう。 助産師はそんな場合でも「適切な専門機関を紹介してくれたり」 「解決策をともに考えてくれたり」します。

出産が終わったら、それで終わりではなく「育児を楽しくやっていくには、 どういった支援が必要なのか」を考えて行くのも助産師の大事な役割です。