男性の助産師資格導入についての賛成意見・反対意見

産婦人科医は男性も多いのに、なぜ男性助産師はいないの?

男性の助産師資格導入についての賛成意見・反対意見

米国・英国・豪州などの海外諸国では男性の助産師も女性と同じよう に活躍しています。しかしながら現在の日本では女性しか助産師に なることは認められていません。 男性は助産師国家試験の受験資格は与えられていないのです。

今回は、男性の助産師資格導入についての賛成意見・反対意見を ご紹介いたしましょう。

2001(平成13)年に保健師助産師看護師法が改正されました。 2002(平成14)年3月から看護師や保健師と同じように、性別による 名称の違いを伴わない「助産師」へ「助産婦」から変更されました。

これ以前に日本助産婦会が「男性助産師導入の要望書」を提出しましたが 見送りとなりました。

出産になると分娩などに関する助産業務の特殊性があります。 「男性が出産に関わることへの生理的な嫌悪感」、「妊婦や産婦が 助産師の性別を自由に選べる権利が保証されていない」という反対意見 が主張されました。

議論の結果、男性助産師を認めるのは時期尚早だという結論に至り ましたが、男性の産婦人科医は日本全国に大勢います。

実際に男性の助産師資格導入案についての賛否はいろいろあるでしょう。 けれども「男女平等」と「職業の自由」という大義名分の前に 「妊婦の尊厳を守る権利の保障」があるでしょう。

そういった部分の検討が十分になされているかどうかは疑問に感じます。

日本各地の医療従事者が中心になって男性の助産師資格導入案について 緊急の討論会が開催されました。けれども実際には導入に反対するだけで、 公平な議論がされているは言い難いです。

そして「本来、出産の主役である女性たちの声を反映した議論になって いないこと」も大きな問題点だと感じます。

以上、男性の助産師資格導入についての賛成意見・反対意見をご紹介 いたしました。国会で議論をする前に国民レベルで出産をする女性の声を 聞くことが大事でしょう。

女性にとって出産は、とても繊細な感情を伴っていることを忘れては いけないと思います。