ある女性の助産学校での体験談(その1)

助産師学校ではどんな授業が行われるの?

ある女性の助産学校での体験談(その1)

実際に助産学校ではどういったことを学んでいくのでしょうか?
ここでは、ある女性の助産学校での体験談をご紹介いたします。

私は助産師を目指し1年制の助産学校に入学することにしました。
その専門学校は全寮制でしたから入学式前に入寮手続をして同じ学年の
学友32人と、ひとつ屋根の下で充実した1年間を過ごしました。

入学式が終わりオリエンテーションがあり早速、教科書が配布され、
翌日からは授業がスタートしました。

4月から6月までは平日8時30分から16時30分まで4限の授業を毎日受けました。
宿題が出されたりグループワークもあるので寮に戻って休む間もなく
課題に取り組まなければなりません。

とりわけグループワークは4名でグループを作って議論しながら与えら
れた課題を期日までに仕上げなければなりませんから、自分の時間は
ほとんどありませんでした。

全寮制でしたから夜遅くまでグループワークに取り組みましたが遅くて
も24時には終わるようにルールができていました。グループワークが
終わっても宿題が残っているので睡眠時間を削る毎日でした。

6月初旬には実習に備えての分娩介助の試験がありました。
「助産師の直接介助役」「間接介助役」「産婦役」でロールプレイング
をしながら手順通りに分娩介助のシミュレーションをこなしました。

分娩介助の試験の合格基準は非常に厳しく、落ちてしまう学生は再試験
まで何度も練習をくり返していました。

6月中旬からは筆記試験があり、その対策をしなければなりませんでした。
土日祝は学校が休みですから外泊は許可されましたが、グループワークも
忙しく分娩介助のトレーニングをする時間も必要でしたから完全に休める
ことは稀でした。

これだけの時間を同じメンバーたちと共にするわけですから団結力は
必然的に高くなり、一人ならば心が折れてしまいそうな時も励まし合い
ながら、なんとか頑張れました。

ある女性の助産学校での体験談(その2)へ続きます。