助産師と保健師の異なる役割とは

助産師と保健師、それぞれの役割

助産師と保健師の異なる役割とは

看護師からステップアップして取得できる資格には助産師や保健師があります。このふたつの職業にはどのような違いがあるのか見て行きましょう。

助産師も保健師には異なる点が色々存在しますが、中でも大きいのが担っている役目です。助産師が妊婦さんや産婦さんに対して様々なケアや問題解決に努めるのと比較して、保健師というのは地域に住む住人たちの健康サポートなど、同じ健康管理でも広い範囲をカバーすることを求められています。

そう考えると、保健師というのは助産師の持つ業務をも請け負う職業だとも考えられますが、保健師は助産行為を受け持つことは不可能ですので、このポイントは助産師しか出来ない業務だと捉えていいでしょう。助産行為は、お医者さまと助産師しか行えない限られた権利なのです。

助産師と保健誌の役割には地域の、妊産婦の「健康管理」という点ではよく似ていますが、細かくチェックしていくと受け持つ範囲には違いが存在することに気付けます。

助産師の資格は保健師よりも取得しにくいため、免許を取得後はその分充実感も覚えられるようです。助産師も保健師も、どちらも看護師資格取得社であるということから、転職なども売り手市場となっています。

看護師という職業は、仕事がハードなのに報酬が低いという問題がありますが、助産師や保健師は看護師よりも自分のペースで業務に当たれるため、看護師からステップアップを希望する人も少なくありません。

その為には、受験資格を手にするための教育を受け、国家試験を受ける必要があります。資格を手にできた後は、転職支援サイトなどを活用して、自分に合った希望の職場に転職するのがオススメです。助産師や保健師から、看護師に戻ることももちろん可能です。

資格というのは取っておいて邪魔になるものではありません。資格を取ることで転職などを有利に進めることもできますので、看護師資格を持っている方は、ぜひスキルアップを考えていきましょう。